2018-06-15

龍飛の往復⑥





現地をAM 2:00出発
日の出前から日が明けても、道中は9℃~10℃
が山形県に入るまで300km程続く、
車などはほとんどいませんが、寒い為6~70キロ
でしか走れません。予報では雨20%、気温22℃

ドリーム区間も寒くて一般車に付いていくことが出来ず
休み休み進みます、

鳥海山の雄姿
龍飛往復 1000km
1日目8時間30分
2日目 12時間


バイク自由旅人の龍飛往復は
6月10日の梅雨前までと夏のシーズンが終わった
9半ばから10月が快適です、
11月から4月いっぱい半年間も道の駅こどまりは冬季休業になり、
龍泊ライン自体が冬季閉鎖だそうでバイクでは行けないです。

龍飛の往復⑤眺瞰台



眺瞰台
奥に見えるのは権現崎



龍飛崎
海峡の奥は北海道です。
最初は10℃の中雨100km、その後晴れても最後まで13℃の中
こんなところまで一般道で1日で来ることが出来ます。
 



龍飛の往復④龍泊ライン





龍飛の往復③権現崎

十三湖大橋から日本三奇崎の権現崎を望む
ツーリングマップル96ページ

バイクでここまで来て、実際に自分の目でご覧下さい

到着ポントマリ PM1:30


 



龍飛の往復②千畳敷




そして青森県に入り、午前中には千畳敷に到着します
101号線はこの様な景色が100km程続く、
道中気温が12~13℃しか無く震えあがります。
 
2016年6月
リアホイールが違います
 
ページ92

龍飛を往復①


AM 4;00 出発、AM8;30 秋田港到着、大休止をする、
ここまで気温9℃~11℃で、小雨大雨状態が100km続く。


不安定な天気が続く中、能代市の北、
101号線八森まで来て天候は回復します、
ページ87

2018-06-12

79 XS650 ハンドルスイッチの配線





スイッチを清掃しライトの線をサイズアップし
ビニールチューブを交換するとビシッとした
感じになりました。



2018-06-11

ダンストールマフラーの取り付け





エキパイ差し込み側はスリットをもう一本入れて2本にし、
ハイテンションボルトとワッシャーでバンドを締めるだけで
サイレンサーを動かないようにし、
付属のステーを2.8mmから4mmにし、ボルト一本止め
から少しだけ離れた2本止めで取り付けると、ほとんど
動かなくなりました、強度は3倍になったと思います。
 

2018-06-10

エスケープ フロム ニューヨーク

1981 ジョン カーペンター

79 キャブの組み付け







そしてシャフトのシールを取り付け、壊したバタフライバルブを
取り換え抵抗なく作動しピッタッと開閉を確認しフロートバルブ、ジェット類等も一新し
この後右が低い油面を左右合わせました。