2017-06-23

XS650 仮設のフレーム






2日がかりでリアフレームの無い650を
車検を取れるようフレームを制作しました、
テールランプ等は溶接ですが
他は全部ボルト止めでも強靭です。

2017-06-21

XS650 配線を手直し



 

ハンドルスイッチからライトまで以外は一新しました、
只放り込まれていた電装も必要なものだけ残し、
ネジで固定した。
ただし、この様な薄いアルミの箱をラバーマウントもしないで
重いバッテリーを入れてツーリングしたら壊れると思います。





XS650 配線の手直し





劣化した配線を作り直します

2017-06-19

TX650Ⅲオイル上がりの状態






このようにピストントップに油が溜まる状態だと
始動時にはかなり白煙が出て、温まるとほとんどなくなり
勢いよく加速した時に黒い方から多く白煙が出ます。
それでも排気バルブは白く焼けています。
 

2017-06-17

XS650 カムシャフトベアリング取り付け


 

各純正部品と新しいボルト類、オーリングはフッ素ゴム

ロッカーアームと同様摩耗をある程度まで磨いた
カムシャフト
当時物よりもレベルアップしている
純正のベアリングに交換します。

黒く見えますが銀色のベアリングです、玉の数が違います

トルクをかけ本締めし少し置いて増し締めします、
すると、全体に下がりカムチェーンも緩みます。
 

XS650 カムチェーンテンショナー交換


カムチェーンテンショナー


カムチェーンガイド

カムチェーンテンショナーは個々に曲がったりしている為
ネジを締めて動きが重くなる物はシムで調整すると
軽くスムーズに動き中心に来るよう取り付けます。




XS650 ロッカーアーム取り付け

サッと磨いた状態


クロスハッチを付けます



ロッカーアームサイドのガタは0.15mm程度に
なるようシムで調整します、オーリングはフッ素ゴム。

XS650ロッカーアームの状態

 

全体に摩耗はあります、右は一番悪い状態。




2017-06-16

XS650 バルブすり合わせ





45度を研磨しすり合わせを行い、光明丹を付けて2,3回トントンと
すると御覧の様なあたりに、
バルブステムシールは純正を使用します。

2017-06-14

ガラスビーズ仕上げ


そして腰上は、
サンドブラストガラスビーズで仕上がりました。

2017-06-13

XS650 サンドブラストマスキングの状態




XS650ラットロッドフォークO/H







純正ダストシール、ピストンリング他消耗品の交換、
15mm長いカラーで少し強くし組み上げました。