2017-07-22

TXⅢクロームカバーボルト


エンジンカバーはクロームキャップボルトに交換。
強度区分12,9とありますので、
クロームがかかっていても10,9程度の強度はあると思います。

1980XS650 キャブの腐食

ブラザーは帰って来た。





何の巡り合わせか、以前わたくしが乗っていたバイクが
日本をぐるぐる回り戻ってきました。
放置されたキャブは
片方は腐食してゴムの詮はドロドロになり、
そのフロートは沈みます。

XS650ボバー ファイヤストン中古車の登場



右枠のXS650ボバーに詳しくあります。

18インチ化



LTDⅡをZ750FXⅡのホイールでの18インチ化に伴い
前後のスプロケットをローギアーに交換する。

2017-07-18

TX650Ⅲ検査の状態



ライトの微妙な角度のズレ程度で車の後ろに付き、
たとえ豪雨でも昼休みの時間が来ればハイ終了
ここで待つこととなります。
 

2017-07-15

2017-07-14

雄大な林道トレイル






http://instanttractiondeluxe.blogspot.jp/

TX650 セッティング




腐食巣穴キャブも何回パターンかセッティングを繰り返し
ようやく普通に走るところまで来ました、
もう少し濃くしたいところですが第一段階の終了。

昨日のはフロートのバルブシートの深さも様々です
基本全部純正と同じものがよい。

2017-07-13

TX650 フロートの交換





そしてすぐフロートとペットコックを送ってもらい、
その他も一新致しました
キャブキット等はフロートバルブの長さが違うものもあり
整備書のフロートレベルでは全く違う数値になることもあるので
実寸で合わせます。
念の為にジェット、ニードル等も純正に戻し基本からスタートです。

TX650キャブもフロート沈没



取り付けたキャブはゴボ付いて調子が悪く数時間すると
無数にある巣穴からガソリンが入りこみ
オーバーフロー致します。
 

2017-07-11

TX キャブ漏れ止まり



猛暑の温度でエキポシも夜には硬化し
巣穴の漏れは完全に止まりました、
フロートも機能しこの状態でストップします、
念の為このガソリンはすぐ抜いて
乾燥させ一晩置いてからガソリンを入れようと思います。

TXキャブ巣穴



昨日TX650はフロートの柱が腐食で崩れフロートのストッパーが
利かなくなりバルブが外れる為、柱をエキポシで盛り上げ
本日油面調整していると今度は途中の巣穴からガソリンが吹き出し
て来たため、エキポシを塗って明日の始動に、
この様な状態のキャブが果たしてまともに機能するのか?

2017-07-10

フロート漏れ

ボバーバイクは昨日の試走で低速で不安定、濃い症状が始まり、
本日はキャブからガソリン漏れが止まらない状態に、
フロートの浮き片側にガソリンが入り沈んでいます、内部のガソリンを蒸発させ
両方半田上げし重量配分を大体同じにし、
そして試走に、最良の状態になりました。
 

2017-07-09