2017-03-23

ブレーキの鳴きと雑音


ピンと穴は1mmもガタがありパットが動いて
カタカタ音が出ていてさらにキーキー音も出始めました
バックプレートのグリースなど無意味です。





パイプを入れて紙を入れてみました


これで音は消えるか?

試走の任務





スピードメーターがオーバーホールから
上がってきて針の動きは正確になった、
そして走るたびに細かな問題(課題)が発生します。

2017-03-21

油面の調整


そしてSOLEXキャブは油面調整をし組みあがりました。

XS1 シールとゴムの交換





シャフトのシールは純正を使用し、
チョークのゴムは新品があるだけでもありがたいものです、

XS1 キャブシャフトのシール交換



化石のように硬化したシールを取り除き、
シール4個の交換ををほぼ1日がかりで行った。

2017-03-18

STONE


小物の黒






XS 1 のキャブホルダーはユニクロメッキの上に黒
 

TX650 フロントフォークスプリング交換

進行が前後しましたが上下の向きが反対に入っていた
スプリングを取り外し

この様なオイルの状態の部品を全部洗浄乾燥し
先日各部の処理を行ったインナーパーツを組み付けます。


このピストンリングは手に入らない為
次の年式のチューブを使用すれば
新品が取り付けられますが、
今回は、我慢して元に戻します、

新品オイルシール、リング、クリップ



左の弱いノーマルのスプリングから
右のスプリングに交換。
 

オイルを入れ、純正ダストカバーを取り付け
サッと磨いた状態です。

2017-03-17

TX650 リアホイールベアリング交換




錆びたベアリングから、格上のベアリングに交換し
ホイールは滑らかに回ります。

TX650 ドラムブレーキの状態




ドラムの傷と摩耗が大です、シューを新しくしたことで、
今までよりはましに機能すると思います。

2017-03-16

ビニールチューブの交換




固くなった保護チューブを耐熱チューブに交換し
ローターコイル5Ω正常
そして御覧のようなレイアウトに

TX650 クランクケース右オイル漏れ処理

オイルフィルターの破れと全く交換されていなかったであろう
激烈な汚れのオイル切削粉で傷だらけになったオイルポンプは
多少磨いて滑らかにはしましたが、エンジンオーバーホールと同時に
要交換です。

錆びを取り除きオイルシールとオーリングを交換します

タコギアストッパーボルトは、穴に合わせないで
力ずくで締め込んだと思われ、先がつぶれている為交換です。


タコギアーのシール類、キックのシール、
カバーガスケット交換等一連の内容でケース右と下側の
オイル漏れは当分は無くなります。